サブメニュー

生活習慣病は食生活が基本

男の人

糖尿病は生活習慣病の中でも代表的な病気です。そのため普段の食生活に注意する必要があります。家庭で3食とも糖尿病食を作るのは大変なので、宅配弁当を頼むと便利です。宅配弁当といっても管理栄養士が監修した糖尿病食なので安心です。家庭で作るときは食品交換表を見ながら料理を作ることが大切です。

詳しく見る

食事を楽しむことが大切

男女

糖尿病食を続けるために宅配を利用するのも一つの方法です。管理栄養士がメニューを工夫しているため、毎日の食事に飽きが来なく楽しんで続けることが出来ます。また糖尿病患者が増える中、各宅配業者間の競争は激しくなるでしょう。そうなるとサービスの質の上昇が期待できます。

詳しく見る

上手に糖尿病と付き合おう

食事

多くの糖尿病患者さんが悩まれているのが食事制限。糖尿病食を毎日作るのは大変ですよね。そこで糖尿病食の宅配サービスを利用してみませんか。栄養バランスに優れ、低カロリーな糖尿病食は、実はダイエットをしている方にもお薦めなんです。あなたのライフスタイルに合った宅配サービスを上手に活用しましょう。

詳しく見る

糖尿病の配食のメリット

女性

配食サービスとは

インスリンの働きがうまく行われず、慢性的に血糖値が高くなってしまうのが糖尿病です。その治療にはいくつかありますが、特に要となっているのが食事療法です。カロリー制限や栄養素のバランスの良さ、毎日きちんと3食摂ることなどが、糖尿病食の基本といえるでしょう。高齢になるなどで、自身で糖尿病食を準備できない人には、専用の宅配サービスを利用することをお勧めします。これは、様々な事業所があり、所属している管理栄養士がカロリーに応じた、バランスのよい食事を準備するものです。今では、多くの宅配事業所があります。温かい弁当や、冷凍食、チルド、色々な形態があり、多くが昼食・夕食の宅配をしています。近頃は、コンビニエンスストアが行っている宅配サービスもあるなど、その選択肢は多くなっています。食欲をそそる健康術を実践していきましょう。

長く食事療法を続けるコツ

糖尿病食を長く続けるコツは、飽きないことです。それぞれの宅配事業所が、色々趣向を凝らしたメニューを提供しています。一般的にカロリーを制限しやすい和食のみでなく、洋食や中華もメニューに取り入れるなど、いかに利用者が飽きないようにするか、工夫しています。とはいえ中には、毎日3食とも糖尿病食だとさすがに飽きてしまうという方もいます。そのため、利用者自身も飽きないための工夫をする必要があります。例えば、日によって宅配と自身の調理をうまく組み合わせることや、たまに外食を取り入れることも工夫の一つです。また、複数の宅配事業所を取り入れることも一つです。いずれにしても、長く食事療法を続けるために、何らかの形で息抜きも必要です。医師や栄養士と相談しながら、自身のペースで続けることが重要です。