生活習慣病は食生活が基本

男の人

家庭での病食の工夫の仕方

糖尿病は生活習慣病の中でも代表的な病気です。生活習慣病というのは普段の生活習慣が影響して体調を崩してしまう病気のことで、主に食生活と運動不足が原因です。ですから糖尿病を予防するためにも、糖尿病になってしまった人は症状を抑制するためにも、食事と運動に注意する必要があるのです。特に自宅で療養する場合、糖尿病食を作る必要があります。家族と違うメニューを3食用意するのは大変なので、その時は糖尿病食用の宅配弁当を頼むようにします。宅配弁当といっても栄養管理士がしっかり監修している糖尿病食なので安心して食べることができます。また糖尿病食を用意するのが大変だからといって、1日2食などに減らすのは良くないのです。1日3食をしっかり食べることが必要です。

食品交換表を参考にする

糖尿病食の宅配弁当が人気なのは、手間をかけずに済むからです。糖尿病食の特徴は炭水化物を減らして、ビタミンやミネラルや食物繊維が多く含まれている食材を使うことです。家族がいる場合、通常の食事と糖尿病食の療法を作ることになります。特に仕事を持っている主婦には大変な苦労です。そのような場合は1食分でも宅配弁当にすれば労力を減らすことができます。病院に入院している場合は管理栄養士がきちんとカロリー制限した食事を用意してくれますが、家庭では毎食そのような食事を用意するのは大変なことなのです。糖尿病の診断が下されると、食事に気をつけるために食品交換表というものをもらえますから、それを見ながら患者自身が料理を作ることも大切なことです。自分で料理することで、病気の大変さを自覚することができるからです。